ネット広告を消す方法 ー10年後、今の広告・アフィリエイトはだいぶ無くなるー

こんにちは タカヒロのページです。

ネットを見る時、広告が邪魔なので消しています。本当にスッキリします。

今後、あと10年もしたら今のインターネット広告はだいぶ無くなっていくのではないかと思う。その根拠は後回しにして私がやっている広告の消し方をシェアします。

広告を消す方法

モバイル

iPhone(Safari)

無料と言いながら、一発目から有料(250円)ですいません。いろいろ探したけど、これに収まった。

280blocker  をAppStoreからインストールして使っている。操作は簡単。アプリを起動して「広告をブロック」をオンにする。

iphoneホーム画面の「設定」からSafari⇨「コンテンツブロッカー」を選ぶ。

表示される280blockerをオンにする。

ネット上の表示広告が消える。

PC

こちらは無料です。

firefox

以下にアクセスして、AdblockPlusを「FireFoxに追加」ボタンで追加。これだけ。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/adblock-plus/

google chrome

以下にアクセスして、uBlock Origin を右上のボタン「Chromeに追加」。これだけ。

https://chrome.google.com/webstore/detail/ublock-origin/cjpalhdlnbpafiamejdnhcphjbkeiagm?hl=ja

これをすれば、youtubeの広告だって消える。上記を入れていて、アプリじゃなくてウェブブラウザで見るとです。

私がやっているのはこれだけで、他のブラウザ・端末の方法はネットでご検索を。

10年後、今の広告はだいぶ無くなると思う根拠

最初に言った、根拠・データはこんな感じです。

下のグラフのように、こんな感じで広告ブロックしてる人増えていっている。

世界での広告ブロックの端末数の推移。オレンジがモバイルで緑がデスクトップです。

出典:https://www.business2community.com/online-marketing/advertisers-blame-ad-blocking-01771267

 

なんでこうなるのか。それは・・

出典:https://www.youtube.com/watch?v=eCy2_rE87Xw&t=214s

ユーザーがウェブサイトを見に行くと、広告=う○こ がくっついてくるからという説明はわかりやすい。

表示される広告であれば記事が見づらくなるし、アフィリエイトであれば、サイトの作り手は、自分や広告主の利益優先の記事を書きがちになる。

私も仮想通貨のページでアフィリエイトを掲載している。だから、アフィリエイトリンクを踏んでもらえるようにする書き方をしているんじゃないかって?

くっ!ネットに慣れた賢いユーザーが増えて来ている・・・。なに!?アフィリエイトリンクを踏まずに直接行くって?

降参!

・・・

未来予想。時は2030年。

ネットユーザーの選択肢としては以下の3つのサイトになっていた。細かい説明は抜きにして。

  • 無料
    • 広告表示サイト:(広告ブロックが増えるにつれて、この種類のサイトは少なくなっていった)
    • アフィリエイトサイト:(見る人の利益を二の次にした、運営者の利益追求サイトが乱立したことで、信頼を失っていった。)
  • 有料
    • マイクロペイメントサイト:数円などの少額で記事を見る仕組み。商品を売ることが目的ではないから、ユーザーの利益となるデメリットも含むことをいとわない傾向。 (時間と比較的信頼できる情報をお金と交換したい人による需要増。)

時は戻って、2019年現在。もう、youtubeでも、各サイトでも導入すればマイクロペイメントは使えるようになっているらしい。

まだ、私は試してないけど。

10年後どうなっていることやら。